緊急小特集

決してくたばらないのか
単なるくたばりぞこないか
「ダイ・ハード」シリーズが辿ったダイ・ハード状態

Die Hard, Harder, Hardest

含・「ダイ・ハード4.0」感想文
featuring : Review of "Live Free or Die Hard"

(2007/07/09)


「ロッキー」の新作に続いて「ダイ・ハード」の新作を見ることができるとは、長いこと映画を見てきた僕もさすがに驚きました。しかも12年の歳月を経ての新作登場。誰もがもう「ダイ・ハード」シリーズは終了したと思っていましたから、驚きもひとしおです。しかしそれだけのブランクを空けただけに、どうしても「今、どうしてダイ・ハードなのか?」は気になるところ。あのジョン・マクレーン刑事が21世紀にあえて戻って来る必然性はあったのか。ここでは過去の「ダイ・ハード」作品を振り返りながら、この久々の新作を語り尽くしてみました。

 


 

CONTENTS

 

あの運の悪い男が帰って来た

 

生まれると同時に「古典」だった
「ダイ・ハード」

 

かなりの部分で前作を踏襲した続編
「ダイ・ハード2」

 

第3弾に立ちふさがった伏兵

 

キーマンの不在が最後まで祟った
「ダイ・ハード3」

 

全米強制終了の最中、あの男が再起動

 

これはバージョンアップなのか

 

更新かつ初期化を果たした「4.0」

 

 

参 考

The Internet Movie Database

http://us.imdb.com/

**

allcinema ONLINE

http://www.stingray-jp.com/allcinema/index.htm

 

 

(C)2007 FUMA'S WORKSHOP

 


 

 to : Review 2007

 

 to : Classics Index

  

 to : HOME