緊急小特集

王<キング・コング>の帰還と
ピーター・ジャクソンの「指輪」後

After the RINGS - The Return of KING KONG

含・「キング・コング」(ピーター・ジャクソン監督作品)感想文
featuring : Peter Jackson's "KING KONG"

(2005/01/23)


「ロード・オブ・ザ・リング」三部作で世界の映画界を席巻したピーター・ジャクソンが、次に計画しているプロジェクトが何と「キング・コング」のリメイクだと聞いた時、正直言って不安を感じなかった映画ファンはいなかったのではないでしょうか? あれほどの素晴らしい作品を創り上げた後で、何でまたリメイク? しかもとっくに一度リメイクされている「古典的名作」で、その旧リメイク作品の評価はサンザンというシロモノ。なぜジャクソンがこんな作品に取り組むのか、その意図を図りかねる人も少なくなかったと思います。しかしその新たな作品は、堂々たる大作として我々の前に早くも姿を現しました。そしてこれを機会に「キング・コング」とそれにまつわる諸作品を振り返ってみると、そこには映画史の節目節目を彩る興味深い作品群が浮かび上がってくるではありませんか。果たして映画界の金字塔に今あえて挑む、映画界の新たな覇者ピーター・ジャクソンの野望とは一体何なのでしょう? 「キング・コング」という格好の素材を得て、ここでみなさんと一緒に考えてみたいと思います。 


CONTENTS

 

「よせばいいのに」としか思えない企画

 

これぞ原点!ワイルドにして緻密な大作

「キング・コング」(1933年版)

 

病めるアメリカを告発、時代が生んだリメイク版

「キングコング」(ディノ・デ・ラウレンティス製作)

 

派生作品に見る「コング」の重要度

 

南海の秘密の島で映画クルーを待ち受けていたもの

 

過去の作品に忠実ながらも補強・増量を施した作品

 

ジャック・ブラックを起用した意味とは?

 

先送りされたピーター・ジャクソンの「指輪」後

 

 

参 考

The Internet Movie Database

http://us.imdb.com/

**

allcinema ONLINE

http://www.stingray-jp.com/allcinema/index.htm

 

 

(C)2006 FUMA'S WORKSHOP

 


 

 to : Review 2006

 

 to : Classics Index

  

 to : HOME