ルーカスVSスピルバーグ最後の頂上決戦

WAR of the WARS

「宇宙戦争」"War of the Worlds"

「スター・ウォーズ/エピソード3:シスの復讐」
"Star Wars - Episode 3 : Revenge of the Sith"


 

Review 2

「スター・ウォーズ/エピソード3:シスの復讐」

Star Wars - Episode 3 : Revenge of the Sith

ショート・バージョン  絵と文:ふましんいち

(2005/07/11)

ロング・バージョン はこちら


 

夏やすみ・F坊の絵日記帳 

×月×日(×曜日)

 きょうはかくことがないので、2しゅうかんまえのどようびのことをかきます。きんじょのおにいさんにさそわれ、えいがをみにいきました。「スター・ウォーズ」の「エピソード3」です。7がつ11にちからはじまるのに、なんでさきにみれるのだろうとおもったら、「せんこうレイト」だといいます。それならこうかいびをはやくすればいいのに、ふしぎだな。おとなはわけのわからないことをします。

 おにいさんはさいきんかのじょにふられたので、この「せんこうレイト」にぼくをさそってくれました。それに「レイト」といっても6じ45ふんからですから、ぜんぜんらくしょうです。

 ところが1じはんにえいがかんにでんわしたら、もう290にんもあつまってるとのことです。それをきくとおにいさんは「ケッ、オタクどもめ」としたうちしました。

 おにいさんによると、つきあっていたかのじょをオタクにとられてしまったようです。いまは「でんしゃおとこ」でオタク・ブームらしく、オタクは「じゅんあい」だからいいらしいです。またおんなのひとは「どうてい」にじぶんからおしえるのもすきだといってましたが、ぼくには「どうてい」のいみがわかりません。

 さっそくあわててえいがかんにいってみると、さらになんにんかあつまって314ばんめでした。それからずっとれつにならぶことになったのですが、ざっきょビルのかいだんにならばされたのであつくてたまりません。それにみわたすかぎりオタクばかりです。

 とくにめのまえにはちょうはつでふとったオジサンが、「ロリコン」というめのおおきなおんなのこのえばかりかいてあるゲームのはこをもっていたり、ポスターやカードをもっていました。こういうひとは、なぜかみんなリュックやナップザックをせなかからさげているからふしぎです。こうしたオタクたちをみて、きんじょのおにいさんはまた「ケッ」といいました。

 おにいさんにいわせると、みんなは「でんしゃおとこ」にだまされているとのことです。オタクや2ちゃんねるがいいひとみたいにえがかれているので、みんなまるめこまれたんだといいます。ちなみに2ちゃんねるってなんのことかきいたら「べんじょのらくがき」といってましたが、いみがわかりません。

 たしかに、このれつにならんでいるオタクはいいひとじゃありません。「ロリコン」のえばかりみて、きもちわるいです。やがて4じになってえいがかんにいどうしたとき、れつはぜんぶで540にんにふくれあがっていましたが、オタクはどっかりとれつのどまんなかでゆかにすわりこんでしまい、「ロリコン」カードやらのおみせをひろげてしまったので、みんなじゃまでしかたありません。みんなすごくめいわくそうにしているのに、オタクはまったくわかってないようです。でもみんな、オタクだからなにをいってもしかたがないとあきらめているようです。おにいさんはそれをみて、とくいげにこういいました。「なっ?オタクはしょせんオタクなんだよ」

 やがて6じになってえいがかんにはいれましたが、こんどは「ロリコン」オタクでなくて「スター・ウォーズ」オタクがいっぱいいました。まるでよこはまちゅうかがいの「ぎんざアスター」のキャラクターみたいなかみがたのおんなのひとがいましたが、それはレイアひめというキャラクターとおなじかみがただそうです。みんなライトセイバーというひかるけんをもっていて、それをひからせながらふりまわしています。オタクどうしはよろこんでいましたが、せきについているふつうのおきゃくさんはめいわくそうです。でもオタクはまったくわかっていません。えいががはじまってもまだふりまわしていて、がめんがみにくくてこまります。

 えいがにゆうめいなキャラクターがでてくるたびにはくしゅするのもうるさくてこまりますが、とちゅうでそれをわすれてしまったのは、なんだかみていてはずかしかったです。まえにテレビでアメリカの「スター・ウォーズ」オタクをみたら、やっぱりえいがをみながらはくしゅしていました。きっとにほんのオタクは、それのマネをしていただけなんだな。だけどただのマネだから、とちゅうではくしゅをわすれてしまったんだろうな。はずかしいな。

 なんとなく、まえにつれていってもらった「はんりゅう」えいがのときとふんいきがにてますが、「はんりゅう」オバサンとはいっても「はんりゅう」オタクとはいわないからふしぎです。それにイ・ビョンホンとかがでてきたからといって、いちいちさむいはくしゅをしないだけ「はんりゅう」オバサンのほうがマシです。

 「なにが、でんしゃおとこだ」

 おにいさんはますますおこっていました。「みんなだまされている」とおこっていました。

 「エピソード3」ではアナキンがだまされています。ねこをかぶったオジサンがいいひとぶっていましたが、やっぱりわるいひとでした。そのひとは、しきりにアナキンに「あんこくめん」にはいれとさそいます。

 「Fぼう、オマエはオタクのあんこくめんにおちるなよ」

 まるでおにいさんは、ジェダイのオビ・ワンみたいなせりふを、ぼくにくりかえしいいます。そういえば、おにいさんがコッソリとまえうりけんでもらったちっちゃいライトセイバーのオマケをふりまわしてるのも、ぼくはきづいていました。それって「スター・ウォーズ」オタクとどこがちがうんだろうとおもいましたが、おにいさんにわるいのでだまっていました。おしまい。


 to : WAR of the WARS - Index

  


 to : Review 2005

 

 to : Classics Index

  

 to : HOME