「スター・ウォーズ/エピソード1

 :ファントム・メナス」映画評2

 "Star Wars - Episode 1 : The Phantom Menace"

 ゲスト評者:ダニエル・ガーバー

 by Daniel Garber (Guest Commentator)

 (1999/08/01)


 緊急特集「スター・ウォーズの逆襲」にも寄稿していただいた、東京在住のカナダ人ライターであるダニエル・ガーバー氏が、「エピソード1」を鑑賞後、改めて映画評を寄せてくれました。これがまた異例の辛口の映画評であり、かなり鋭いところを突いた内容となっています。ただ、「スター・ウォーズ」フリークには覚悟が必要かも?


JAPANESE VERSION

 

 友人が見に行けよとくれた「スター・ウォーズ/エピソード1」のタダ券。そうくれば私もイヤとは言えません。私は一番最初の「スター・ウォーズ」を初公開のとき見ていますが、そのときのアニメーション技術や特殊効果は(当時、私は13歳でしたが)信じがたいほど、まさに驚くべきものでしたね。いろんな種類のエイリアンが出てくる酒場の場面なんか、本当に素晴らしいと思いましたよ。なぜならそれらは独創的で、何の説明もなしに登場してくるんですから。まるでルーカスがこう言っているみたいにね。「知らなかった? もちろん、これはみんな存在するんだ。見ることができて、君はラッキーだな」

 しかし、今回は少々勝手が違いました。それはたぶん、時が経ってこの手の特殊効果を見慣れたために、もう驚かなくなったせいかもしれません。あるいは私が老いさらばえてしまったためかも。また、あるいは映画にもっと現実的なものを求めるようになったからかもしれません。しかしながら、私は少しだまされたような気もしたのです。

 私が座ったのは、渋東シネタワーの3列目の席。巨大で派手な映像にはかなりのインパクトを受けましたね(首も痛かったけど)。辺鄙な惑星にあるフロレンス風の都市、水中のバブル状都市、他の壮大なイメージや衣裳はみなきわめて印象的で美しい。また最初の作品からの古馴染み連中(R2-D2、C3PO、オビ・ワン・ケノビなど)を見つけたとき、「あ、いたいた」…と思い出すのも悪くはありません。でも、それだけでは物足りないんですよね。

 こんな堅い台詞回しのひどいスクリプトは聞いたことがありません。そして、こんな感情のこもっていない映画を見たこともない。誰も彼もがジェダイ騎士団みたいだし、誰一人として感情を持っていない。ぶっちゃけた話、これは退屈な映画です。私は所々で、あやうく居眠りをしそうになったほどです。

 それに奇妙に時代遅れにも感じられるのです。まるでルーカスは登場人物たちを1999年ではなく70年代に創作されたがごとく映画をつくっています。演出はかなりひどいもので、ドラマをやっているというよりは暗誦でもしているかのよう。登場人物は一所に立ちずさみ、退屈な台詞を読んでいるだけです。皮肉なことに人形のヨーダだけが、自らを表現することを許されているとは! 「トレインスポッティング」のユアン・マクレガー、「パルプ・フィクション」のサミュエル・ジャクソンなど、その大胆で際だった演技で知られる俳優たちが、まっすぐ突っ立ったままで微笑みもうなりもせずにいるのは、ほとんど滑稽な感じに見えます。

 特殊効果のすばらしさは言うまでもありませんが、それも所々うまく機能していません。例えば、元老院議会の場面は非常にはっきりとコンピュータ・グラフィックスとわかります。それに、進軍するドロイド軍団はコンピュータ制御のように見えていいけれど、ジャー・ジャー・ビンクスとお仲間が出てきたときには、正確に揃った動きではなく、彼らの軽やかな歩きのさまざまなバリエーションを見せるべきでしょう。また、映画の終わり近くの勝利のパレードでも、ビンクスたちは明らさまなコンピュータ映像として動いており、とても「生き物」の動きには見えません。

 しまいには、貧乏くさくてギンギラの歌舞伎メイクに、アホらしい角まで付けた悪党が出てきますが、これがまた全く怖くない。私はずっと考えてしまいましたよ、「あいつ、何であんなアホなカッコしてるんだ?」って。我々見る側としては、あれは役柄自体がメイクをしている設定と見るべきか、はたまたあれが彼の地顔と見るべきなんでしょうかね?

 ともかく、ここまで述べたように、私はどこをどう見ても感動もしなけりゃウキウキもしませんでした。あの「スパルタカス」とF-1レースが合体したような競走シーンでさえもね。まったく失望以外の何ものでもありませんでしたよ。

 

Daniel Garber - Self Introduction

私は東京在住のライター。雑誌やインターネットへの執筆活動や、テレビの企画を行っています。また、テレビやドキュメンタリー映画の制作業務・ディレクションも私の仕事です。

 

 ガーバー氏とコンタクトをとりたい方は、下記のアドレスまで…。

 gator1999@hotmail.com

 


 

 

 Review of "Star Wars - Episode 1 : The Phantom Menace"

 by Daniel Garber (Guest Commentator)

 

ENGLISH VERSION

 

A friend offered me a free ticket to go to see Star Wars Episode 1 so I couldn't say no. I saw the original Star Wars when it was first released and at that time found the animation and special effects so incredible (I was 13 years old at the time) I almost couldn't believe it! Scenes like the bar scene with all the different creatures felt great because it was offered without comment in all its originality, as if Lucas were saying "didn't you know? Of course these things exist, you're just lucky enough to have a chance to see it."

This time, however the feeling was different. Maybe it's because time has passed and I have seen these special effects so many times that they cease to impress me; maybe I'm old and jaded now; maybe it's because I expect certain things from a movie. But I felt a bit cheated by it.

I sat in the third row of the Shibuya Tower theatre, so I got the full impact of the huge flashing images (and a stiff neck). The Florentine cities on the remote planet, the underwater bubbles, and the other grand images and costumes were quite impressive, and very beautiful. And it was nice to have the little sparks of recognition when we discovered our old friends for the first time (r2-d2, C3po, Obi wan kenobi, etc.) But that's not enough.

I have never heard such wooden delivery of a terrible script, or seen a movie with so few emotions. It felt like EVERYONE was a Jedi Knight, and no one had any emotions. Frankly it was boring. I found myself almost falling asleep at parts.

It also felt weirdly dated -- as if he wanted to make a movie like people made in the 70's, not one in 1999. It was very badly directed -- almost like a recital not like a drama -- people stood in one place and announced their boring lines. Ironically, only a puppet -- Yoda -- was allowed to express himself! It was almost funny seeing actors like Ewan Mcgregor from Trainspotting, Samuel Jackson from Pulp Fiction, and others known for their wild, over-the-top performances, made to stand up straight and not even smile or growl once.

Special effects were great of course, but some of it didn't work. For example, the senate meeting was very clearly a computer-generated graphic. And the marching soldiers -- it's ok for the droids to look like computers but when it's Ja-ja binks' people, there should be some variation in their loping walk, not all exactly identical. And again, in the victory parade near the end of the movie you had Binks and other people move like obviously computer-generated images not like "living" creatures.

Finally, the villain with his very poor shiny Kabuki make-up and ridiculous little horns wasn't scary at all. I kept wondering "why is he wearing that silly make-up?" Are we supposed to think of it as make-up or as his real colouring?

Anyway, like I said I wasn't moved or exhillirated in any way, not even by the scene that was a cross between "Spartacus" and an F-1 race. I was fairly disappointed.

 

Daniel Garber - Self Introduction

I am a writer living in Tokyo. I do writing for magazines and the internet, sell stories to television, and also do production work/ directing for TV and sometimes film documentaries.

 

 Click here to write to Mr. Garber :

 gator1999@hotmail.com

 

 

 

 to : Guest

 

 to : Classics Index

  

 to : HOME

 

 

(C)1999 Daniel Garbe