「ターミネーター3

  Terminator 3 - Rise of the Machines

  ショート・バージョン

  絵と文:ふましんいち

 (2003/07/21)


  

  

 

 

くわしく読みたい人はこちら

 

 

 

夏やすみ・F坊の絵日記帳

×月×日(×曜日)

 やっぱりきんじょのおねえさんがいないなつはおもしろくありません。 おねえさんがいたらどこかにつれてってもらえるのになぁとおもいながら、ぼくはひとりでてっぽうごっこであそんでいました。でも、うつほうもうたれるほうもひとりでやるのはつかれます。それでしかたなくボ〜ッとしてると、なんだかあやしいおとこのひとがちかづいてきました。なつなのにかわジャンをきて、サングラスをかけています。かおもおっかなくてむひょうじょうです。

 だれかとおもったら、きんじょのへんなおじさんでした。おじさんはこれから「ターミネーター3」をみにいくから、がいけんからなりきってたんだよといいます。やっぱりこのおじさんのかんがえることはへんです。ぼくはどうせなりきるのなら「ターミネーター2」のえきたいきんぞくのターミネーターになればいいのに…とおもいましたが、どうやったらえきたいきんぞくのかっこうになれるのかわかりません。そのときおじさんが「T3」(なぜか「ターミネーター3」は「T3」というそうです)につれてってやるというので、かんがえるのをやめました。

 「T3」では、てきはおんなのターミネーターです。 さいしょにおんなのターミネーターがはだかででてくると、おじさんはウヒョホ!とよろこんでいました。でも、ぼくはやっぱりシュワちゃんのターミネーターがすきだなぁ。シュワちゃんのターミネーターはかっこいいです。おなじかっこうをしていても、おじさんのターミネーターはただのあやしいひとにしかみえません。

 シュワちゃんのターミネーターも、でてくるときははだかです。だからふくをさがさなければなりません。シュワちゃんはいつもふくをもらうために、さかばのようなところにでかけます。だけど、なんでいつもさかばなのかがわかりません。どうしてようふくやさんにいかないのかな?

 そしていつもおなじようなかわジャンです。どうしてコックさんのかっこうとかやおやさんのかっこうとかしないのかな。そんなかっこうをしていれば、てきもゆだんしてシュワちゃんにやられてしまうはずです。でも、なぜかシュワちゃんはいつもおなじかわジャンをほしがります。しんぴんをもってくればいいのに、ひとがきてるものをねだります。シュワちゃんはわがままだな。でもこんどはいつもとちがって、ねだったひとがふくをぬぐのがしごとみたいなので、なぐったりしなくてすんだみたいです。

 シュワちゃんはサングラスにもおきにいりがあるみたいで、さいしょにもらったサングラスはきにいらないので、ふみつぶしてしまいました。せっかくもらったのにわがままだなぁ。ぼくならひとにもらったものはだいじにします。きんじょのおねえさんがくれたうでどけいも、たいせつにもってるよ。

 「T3」をみおわったあと、えいがかんをでてきたおじさんはすっかりシュワちゃんになりきってました。まえからひとがあるいてきてもどきません。あるいているひとにかたがぶつかってもあやまらずに、ぎゃくになぐられそうになってあわてていました。そうか、とぼくはシュワちゃんがいつもおなじかっこうをするのがわかりました。きっとがいけんからなりきってたんだな。あのかっこうをしないと、きっとシュワちゃんもターミネーターになりきれないのかもしれないな。だとすると、あのかっこうじゃないとつよくないのかもしれないぞ。

 ひっこしていったおねえさんも、ぼくにふくそうはだいじだよといってました。おそまつなふくをきてたらおんなのこにはもてないそうです。

 そういえば、おんなのひとがデートのときにきていくふくを、「しょうぶふく」というのだそうです。あのかわジャンとサングラスは、きっとシュワちゃんの「しょうぶふく」なんだな。でも、きんじょのおじさんはおなじふくをきてもよわいから、しょうぶにならないなとおもいました。おしまい。

 

 

 

 

 to : Review 2003

 

 to : Classics Index

  

 to : HOME