「チャーリーズ・エンジェル・フルスロットル

  Charlie's Angels Full Throttle

  ショート・バージョン

  絵と文:ふましんいち

 (2003/07/14)


  

  

 

 

くわしく読みたい人はこちら

 

 

 

夏やすみ・F坊の絵日記帳

×月×日(×曜日)

 ことしのなつはつまらないなつです。なぜつまらないかというと、ぼくをかわいがってくれたおねえさんが、とおくにひっこしてしまったからです。おともだちもみんないなくなってしまって、ぼくはひとりぼっちです。こんなときはやっぱりえいがをみるのにかぎります。きんじょのへんなおじさんにせがめば、つめたくひえたえいがかんにつれていってもらえます。そのかわりおじさんあいてのときは、みたいえいががみれるとはかぎりません。

 なつだからこわいえいががみたいとおもいましたが、どこでもこわいえいがをやっていません。「マトリックス・リローデッド」をもういちどみたいなとおもいましたが、おじさんがいやがりました。おじさんも「マトリックス」を1かいみてるし、おはなしがわからないので2かいはみたくないといいます。ぼくもおはなしはよくわからないけど、エージェント・スミスがいっぱいでてくるところがおかしくてすきです。スミスはなんとかネオにかまってもらいたいみたいで、おちゃめだな。あのえいがはおはなしがわからなくてもこまらないようなきがします。

 おじさんはけっきょく「チャーリーズ・エンジェル」をみようときめました。この「チャーリーズ・エンジェル」は「フルスロットル」というだいめいがついています。ぼくはこわいえいががみれないならなんでもよかったので、おじさんのいうとおり「フルスロットル」をみることにしました。

 えいがは、さんにんのおねえさんがおおあばれするおはなしです。おじさんはおねえさんがうみにいってみずぎになるからたのしいぞといっていました。なつだからみずぎはぴったりですが、じぶんがみずぎでうみにはいるんじゃないからべつにたのしくないのにな。ぼくはおじさんがなんではしゃいでいるのかわかりませんでした。

 エンジェルのさんにんのおねえさんのうち、ふたりはみたおぼえがあります。でもさんにんめのおねえさんをみたことはありません。ただ、このルーシー・リューというおねえさんは、きんじょのやおやさんのおばさんにそっくりです。なんだかえいがをみているきがしません。

 さいしょはどこかのくににさらわれたおじさんを、おねえさんがたすけにいくところからはじまります。わるものにとりかこまれたおねえさんたちは、いきなりカンフーというカラテのポーズをとってさけびます。

 「きえええええ〜〜〜!」

 そのときのルーシー・リューおねえさんのかおをみて、ぼくはびっくりしてしまいました。ほかのふたりとくらべて、ぜんぜんはくりょくがちがいます。つよそうというよりこわいです。ぼくはあのやおやのおばさんも、ほんとはこわいのかもしれないとおもいました。ひとはみかけによりません。でも、やっぱりやおやのおばさんそっくりだったのでわらってしまいました。でも、かおはすごくこわいかおです。もともとこわいえいがをみたいとおもってたので、ルーシー・リューおねえさんのこわいかおがみれてよかったです。こわかったのにわらえたのでとくをしたとおもいました。おしまい。

 

 

 

 

 

 to : Review 2003

 

 to : Classics Index

  

 to : HOME