「リベリオン」

  Equilibrium

 (2003/04/14)


  

一時の感情では物事決めかねる今の世の中

 いやぁ、今回のイラクの戦争ほど憂鬱なものもなかったねぇ。

 何が憂鬱って、何から何までスッキリ見えてこないことにある。いや、見えてる人には見えてるのかもしれないけど、僕には全然見えてなかった。みなさん、ちゃんと見えてた?

 現実問題として今回の一件も、フセインも悪いがそれを無茶に叩こうってブッシュも悪い。悪いことヤリ放題だったフセインはけしからんけど、それを自分の気に入らないということで武力で攻めようってアメリカ=ブッシュもイヤだ。大体、元々イラクがこうなった遠因にはアメリカがあるわけだし。だけど反アメリカののろしが世界中で上がると、今度はフセイン一派が自分たちが支持されていると喜んでいるのがまたイヤだ。アメリカの無茶な攻撃でバンバン人が死ぬのもイヤだ。最後の一兵まで戦えなんて言ってて、偉い奴はトンズラ決め込むセコいイラク政府もイヤだ。中東の他の国はアメリカけしからんと騒ぐ。だけどそれで結果的にフセイン政権が倒れればイラク国民が喜んじゃったりして、これには中東の連中も意外な展開にガッカリするやら驚くやら。でも、一方では肉親の死で泣いている人だっている。おいおい、一体どうなってるんだこりゃあ?

 おまけに政府発表もマスコミ報道も、それのどっちの側からのものも、全部いいかげんでウソでデタラメみたいじゃない。一般人を殺した無慈悲な攻撃、そもそも一般人を隠れ蓑にした卑怯な戦法、そもそも戦争じゃ一般人だって巻き込まれるに決まってる、そもそも戦争なんかやらなきゃよかったんだよ、そもそも武力で攻めないとフセインが言うこときかない…なんだかんだ、こうだああだ、エトセトラエトセトラ。

 そして肝心の大量破壊兵器はあったのかなかったのか。見つからなかったじゃないか、でもないわけでもなさそうだ、ありもしないものに言いがかりを付けやがって、あったらどうするんだ…とか何とかケンケンガクガク。

 だいたいが本来アメリカはお題目のイラク民主化じゃなくて石油や利権やらが本当の狙いで、それに反対していた他の国だって実は同じ狙いで、ところでわが日本は何やってるんだ、金だけは出せって言われるのか…って、かように今の世の中ってのは正誤善悪ストレートに振り分けるのが難しくなっているってことなんだろうね。何がいいんだか悪いんだか、どれが正しいんだか間違っているんだか、結局のところ誰にも分かりづらくなってる。にも関わらず分かった気になって一言で言えちゃってる時って、おそらくいろいろな矛盾に目をつぶっちゃってる訳なんだろうし。

 いやはや結局、世界の治安だ、民主化だ、国民の団結だ、正義だ、反アメリカだ、中東の結束だ、国際世論だ、国連中心だ…な〜んて、前後左右あっちからこっちからてんでバラバラに聞こえてきたもっともらしいお題目のどれもこれもが、どれかにまんまと乗ったら当てが外れちゃうシロモノなんだよね。どいつもこいつも、我こそは正義、我こそは神の意志、我こそは事情通、我こそは良心、我こそは現実主義者、我こそは善人、我こそは賢人、我こそは理想派…てな態度で言い張ってはいる。でも、どいつもこいつも本当にそうなのか。的を得たことを言ってる人間が、この中に一人だっているのかい? そういや人間の盾になりに行ってさっさと帰ってきちゃった人もいたりして、何だかなぁ…。

 僕の周囲でも今回のことにアレコレ言う人は枚挙に暇がなかったけど、僕は事態が進めば進むほど口が重くなったよね。だってホントにそうなのかって言うと、どれもこれも怪しいんだもの。どれが正しいのか…じゃなくて、どれも正しくないみたいじゃないか。俺、なんだか何もかもイヤになっちゃったよ。

 だから、俺はこれにノッタぞ〜、これを支持するぞ〜なんてヘタに言えない。言いたくない。それが例えどっち側だとしてもね。そう言い切ったらそれはそれで気分がいいしスッキリするんだろうけど、でも今みたいな世の中になったらそれはとっても危険かも。ウッカリ誰かの手の内に乗せられるのは怖いんだよね。

 つまりは一時の感情でダ〜ッといくのはヤバイというわけで、それならば感情的な発露はなるべく抑えるに越したことはないだろうって話になって…。

 ところが、それはそれでまた何とも都合が悪い…ってのが今回のお話(笑)。

 

感情を抑制した近未来の管理社会

 21世紀初頭に第三次世界大戦が勃発。これに懲りた人類は、次の大戦が起きることを避けるべく、戦争の可能性の芽を摘もうと固く決心した

 戦争を生むファクターを人間の「感情」にあると考えた支配階級は、これの根絶をめざしたのだ。

 感情を完全に抑制するための薬物「プロジウム」の摂取の強制。そして感情の産物であり、感情を鼓舞する芸術、文化、娯楽、嗜好品の徹底的排除。これらに違反した者は反逆者とみなされ、厳しく弾圧された。そのための国家の切り札が「クラリック」と呼ばれる戦闘員だ。

 「クラリック」は国家中枢の指導者「ファーザー」ことショーン・パートウィーへの忠誠も厚く、さらに特殊戦闘技能「ガン・カタ」の修練者に限られる。その技能のほどは、これより追々ご紹介するのでお楽しみに(笑)。

 さて、今日も完全管理都市リブリアのエリア外に広がる旧市街地に、反逆者を弾圧すべく警官隊が導入された。今回の反逆者たちはかつての絵画や書籍を隠し持っている連中だ。彼らは武装して警官隊に抵抗。旧市街の建物に立てこもった。こうなると特殊戦闘員「クラリック」の出番。呼ばれてきたのは「クラリック」でも一級の腕を誇るクリスチャン・ベールとショーン・ビーンの二人だ。

 だが、実際には二人も必要なかった。

 反逆者が立てこもる真っ暗な部屋に、クリスチャン・ベールが二丁の拳銃を持って突っ込む。たちまち派手な銃火の応酬があるが、真っ暗な室内では何がどうなってるか分からない。それにしても、突っ込んだベールにあれだけの銃弾が浴びせられれば、ひとたまりもないはず。ひとしきり撃ちまくった後、反逆者たちはベールが死んだのでは…と安心し始める。

 その時!

 暗闇の中で派手な銃撃が始まる。一人、また一人…反逆者が銃弾に倒れるが、至近距離で銃撃を受けているのにベールはまったく傷ついていない。結局、反逆者は全員射殺。ベールはかすり傷ひとつ受けずに仁王立ちだ。

 これぞ特殊技能「ガン・カタ」の極意!

 「ガン・カタ」とは射撃のテクニック・ノウハウと、東洋の武術の合体による新しい戦闘技能だった。周囲にいる複数の敵の距離・位置関係を瞬時に把握し、これを確実に撃退。かつ予想しうる敵からの攻撃をかわす身のこなしを同時に行う脅威の戦闘技能なのだ。だから圧倒的劣勢かつ絶体絶命な状況でも、確実に敵をすべて倒し自らは無傷で残ることが出来る。そのピタッピタッとカタを決める戦いは、冷静かつ全くムダがない。

 さて、反逆者を全滅させ、彼らが隠し持っていた「モナ・リザ」などの絵画を焼き払った後に、ベールとビーンはその場をクルマで立ち去ることになった。その車中、ベールはビーンが服のポケットにとある本を隠し持っていることに気づく。だがベールにそれを指摘されたビーンは、たまたま見つけた証拠品で自分で当局に提出すると軽くかわした。

 そんなベールは、いまや「クラリック」でも第一人者として畏敬の念で見られる男。だが、実はかつて妻を「感情規制違反者」として逮捕され、処刑されたこともある。この日も上司アンガス・マクファーデンにその時のことを問いつめられるが、彼は慌てず騒がず。自分の強い意志と例の薬品「プロジウム」の力で、完璧なまでに感情を抑制されているのだ。そして妻の違反を気づかなかった件をマクファーデンに指摘されるや、二度と間違いは犯すまいと誓うのだった。

 そう。身近な人間の「感情」の芽を見逃すな。

 ベールは同僚ビーンが例の押収した本を当局に提出していないことを知る。聞けばビーンは夜な夜な旧市街地に出入りしていると言うではないか。案の定、ある夜ベールは旧市街地に出てみると、ビーンが廃墟の中で本を読んでいるではないか。

 「おとなしく俺に従え。手荒なことはしたくない」

 だがビーンはあくまでベールに従おうとはしなかった。廃墟の中で、ビーンはベールの銃弾に倒れた

 かくしてビーンの代わりとして新任の「クラリック」テイ・ディッグスが配属される。この男もかなりの凄腕らしく、出世のためにはどんな手でも使う如才ない男だ。

 そして、沈着冷静を誇るトップ「クラリック」…ベールの心はなぜか晴れなかった。

 そんなある日、ベールは出がけに例の「プロジウム」のアンプルを落として割ってしまう。「プロジウム」なしでは感情が抑制できない。早速ベールは「プロジウム」を支給する「エクィリブリウム」なる施設に足を運ぶが、何となく中に入ることをためらっているうちに、新同僚ディッグスから迎えが来てしまう。

 またしても反逆者の摘発だ。

 それはリブリア市内の住宅だった。警官隊がなだれ込んだその部屋には、一人の女エミリー・ワトソンがいた。部屋の壁をブチ抜くと、そこには隠し部屋が…それは昔ながらの色をふんだんに使い、無駄な嗜好品や飾りで溢れ尽くされた部屋。ディッグスは早速「反逆者」ワトソンに向かって銃口を向けた。

 間一髪!

 彼女を射殺せんとしたディッグスをベールが止めた。「仲間の居場所を吐かせるために生かしておけ」

 それでその場は収まり、当局に連行されていくワトソン。だが、なぜ射殺を止めたのかは、実はベール自身も分かっていなかった

 早速ワトソンを尋問するベール。だが、ベールは逆にワトソンに、「あなたは何のために生きているの?」と問いつめられる始末だ。そしてその問いに答えられない自分に気づかされもした。

 その頃ベールは、「プロジウム」を摂取するのを止めてから何日も経っていたのだ。

 またまたある日のこと、大規模な反逆者摘発に旧市街地を訪れたベールとディッグス。次々に殺されていく「反逆者」たちを見て、内なる同様を隠しきれないベール。そんな反逆者たちの隠れアジトを見つけたベールは、そこで一枚のレコードを発見する。彼はどうしても好奇心を抑えきれず、そのレコードに針を下ろした。

 スピーカーからあふれ出るベートーベンの音楽!

 いつしか涙がこみ上げてくるベールの内面で、何かが目覚めた

 反逆者たちは庭先で犬を飼っていた。警官隊はそんな犬たちを次々射殺する。辛くも脱出した一匹の子犬は、その場にいたベールの腕の中に飛び込んだ。だが、彼にはもうこの犬を警官隊に差し出せない。追いつめられたベールは、伝染病検査をしなければ…と犬を連れていくしかなかった。

 だが、犬など連れて歩くわけにはいかない。困ったベールは夜中に旧市街地に出て、犬を放してやろうとする。そこに運悪くパトロール隊がやって来て、犬を発見されてしまうベール。

 ええい、ままよ。

 素手で孤立無援、周囲を警官隊に囲まれたベール。だが「ガン・カタ」の修練者の彼にとって、そんなものは屁でもなかった。アッという間に敵を全員撃退すると、犬をクルマのトランクに戻して引き揚げるベールだった。

 だが、そんなベールを同僚ディッグスは疑いの目で見始めていた。それでもベールの気持ちは止まらない。ある時の旧市街地での一斉弾圧でも、反逆者たちを助けるために秘かに警官たちを倒すベール。だが彼の行為は空しい結果に終わった。

 そんなベールは自らの問いの答えをビーンが持っていたはずと確信し、彼の遺品を探ってみる。すると、何とビーンとあの女ワトソンが一緒に写っている写真を発見した。彼女は彼の恋人だったのか?

 ベールはビーンのかつての足取りを追っていくうちに、とある図書館にある秘密のアジトにたどり着く。そこには「反逆者」たちが、来たる一斉蜂起に備えて準備を進めていた。そのリーダー格の男ウィリアム・フィッチャーはベールに感情があると見てとった。

 「俺たちの仲間になるか?」

 

新機軸のアクションとクリスチャン・ベールの魅力

 この映画、ほとんど宣伝もされずいきなり公開された感じだった。どうやら近未来の管理社会をテーマにしたSFアクションらしい。こんなネタの映画は実際のところ掃いて捨てるほどある。何となくB級の香り。主演はクリスチャン・ベールというのも、ちょいと一線からはずれた感じだ。「アメリカン・サイコ」なんか、なかなかいい味出してる人だけどね。だが、エミリー・ワトソンが出ているというのはちょっと意外。彼女、こんなSFアクションに出る女優さんだったのか?

 そして予告編を見てちょっと面白く思った。

 「ガン・カタ」なる戦闘技能で見せるアクションがなかなか楽しいのだ。ピタリピタリとポーズをキメキメで、バッタバッタと敵をなぎ倒す。この銃のアクションと武術を合わせたような、何とも不思議な戦闘シーンが面白い。これでちょっと気になったんだね。

 だから、器は旧態依然のパッとしないものながら、ちょっと気になる俳優が出てる、痛快B級アクションが楽しめる映画…と思って見てみることにした。

 その予想はある程度は当たっていた。確かにそんな映画ではある。

 未来の管理社会の恐怖を描く映画は、先に述べたように本当にクサるほどあるんだよね。古くはフリッツ・ラングの古典「メトロポリス」あたりからそう。そんな体制の内部で何も考えずに働いていた人間が、ふと疑問を持って立ち上がる…って言うネタもね。ちょっと考えてもSF古典の映画化「1984」、トリュフォーの「華氏451」、テリー・ギリアムの「未来世紀ブラジル」…などなどなど。食糧危機を背景にした「ソイレント・グリーン」、産児制限を扱った「赤ちゃんよ永遠に」、出来の悪い方なら「2300年未来への旅」なんてのも同じ系列かな。そうそう、真打ちの「マトリックス」も変化球としてあった。いやいや、「マイノリティー・リポート」もそれか。中には何本か見るべきものもあるけど、ほとんどどうやってもやり尽くされたネタ。どう描かれるかも、そしてどう展開するかも分かり切っちゃう題材なんだよね。

 今回の映画の、戦争根絶のために人間感情を断ち切るってあたりも、キューブリックの「時計じかけのオレンジ」などで出てきた。確かにいいこと言ってはいるけど、もうそれ聞いただけで分かっちゃう話なわけ。

 面白いのは、こういう映画の管理社会って現実の独裁国家をモチーフにしている点なんだよね。だけど、それが今回は「戦争根絶」のための管理ってことになってる。実際、映画でも冒頭にこの説明をする時に、スターリンやらフセインの映像が出てきたりする。このへんが矛盾と言えば矛盾で、今回の作品はそのへんを突こうって狙いなんだろうけど、それが映画の矛盾にもなっちゃってる気もするんだよね。冒頭に書いたイラクのことじゃないけど…今回の映画はそこまで考える映画じゃないんだろうけどね。

 全体主義国家ってのは支配階級の感情の抑制だけでなくて、ある種の民衆の高揚感で支えられるところもある。今回の映画だって「ファーザー」の教えみたいなのを聞いて「お〜っ」とその気になってる連中が出てたりするけど、あれって感情抑制して出来るんだろうか(笑)? いや、ヤボを承知でついつい考えてしまった。

 でもまぁ、そんなアレコレには目をつぶるのが娯楽映画のお約束。そう考えれば、この映画なかなか楽しめるよ。この映画の脚本・監督カート・ウィマーも、このままでは新味のない映画になりそうと考えたか考えなかったか、映画の見せ場の中心に例の「ガン・カタ」を持ってきたのが効いている。とにかく、これが実にカッコよくて面白いわけ。「マトリックス」がスタイリッシュにキメたこういう不思議アクションを一歩進めつつ、ちょっとキメすぎで笑っちゃう一歩手前まで持ってきたとでも言おうか(笑)。

 主人公の周囲に出世主義の同僚やら完全にアッチ側に取り込まれちゃってそうな息子なんかを配置して、常に緊張感を持たせているあたり、定石だけどなかなかうまいよ。ちょっとしたドンデン返しもあってサスペンスとしてもなかなかいい

 ただし、やっぱり元々の器の「近未来管理社会もの」的にはお約束のパターンを踏襲していることは変わりないので、だから意外性や驚きがないのが限界ではあるけどね。あと、あの都市一個だけ管理体制が崩壊して、それで社会が変わるのかどうか…そのへんのスケール感のなさも気にならないでもない。でも、ベルリンで撮影したと言う未来都市のクラ〜いグレーな街並みとかは気分出してるし、全体的にラングの「メトロポリス」的なドイツっぽいデザインが使われてるのもそれっぽい。大作ぶらない身の丈に合ったSFサスペンス・アクションとしては、十分…いや意外なほど楽しめたよ。

 それって実は「ガン・カタ」だけじゃない。役者の魅力でもあるんだ。主役を張ったクリスチャン・ベールがいいんだよ。

 「アメリカン・サイコ」で見せた人間性崩壊の主人公、あの味がまたも生きている。それが人間性をちょっとづつ取り戻すあたり、こんなB級とも思えるアクション映画なのに、ベールはまったく手抜きなしで真剣に演じて見せている。これがなかなか圧巻なんだよね。

 もちろんアクションにも一切手抜きなしで体当たりで演じていて、これもこれで見応え十分だ。そしてキメキメ・ポーズの一つひとつが、これまた「アメリカン・サイコ」のキメすぎベールにダブってくるんだよね。この手の役やらせたら、彼の右に出る者はいないって感じ。ベールを見ているだけでこの映画はまったく飽きないよ。

 だから「近未来管理社会もの」という器はいささか平凡なんだけど、ベールの力演のおかげで本来はB級な映画全体が時としてかなりシリアスな作品にすら感じられる。これまたシリアスな演技者エミリー・ワトソンがわざわざ出てくる甲斐もあるってわけだ。ショーン・ビーンがまたしても一癖ある役でチョコっと顔を見せているのもご愛敬。

 映画を面白く見せてやろうって気迫は、十分感じられたよね。

 

 

 

 

 

 to : Review 2003

 

 to : Classics Index

  

 to : HOME