「タイムマシン」(リメイク版)

  The Time Machine

  ショート・バージョン

  絵と文:ふましんいち

 (2002/08/05)


  

 

 

くわしく読みたい人はこちら

 

 

 

夏やすみ・F坊の絵日記帳

×月×日(×曜日)

 なつやすみも、もう8がつにはいってしまいました。まだ1かげつあるというより、あと1かげつしかないとおもわないとひどいめにあいます。きょねんはまだ1かげつとおもっていたのでしゅくだいをぜんぜんしていなくて、けっきょくがっこうがはじまってからあわててやることになってしまいました。そんなとき、あぁタイムマシンがあって7がつにもどれたらなぁとおもいます。

 タイムマシンのえいがをみるまえに、みらいにいくはなしときいていました。それなのにえいががはじまったらいきなりまえにもどったので、ぼくとおなじことかんがえてるなとおもいました。ぼくはみらいがどうなっているかみたかったのですが、みらいはただのはらっぱみたいなのでつまらないです。そこになまはげのこわいかおみたいなひとがいるだけです。べつにみらいでなくてもいいきがします。

 このえいがのしゅじんこうをやっているのはガイ・ピアースというひとです。ガイ・ピアースはえいががはじまってからずっとべんきょうばっかりしています。でもタイムマシンでぼうけんにでてからはからだばっかりつかっています。やっぱりべんきょうばかりじゃだめなんだなとおもいました。タイムマシンがあれば7がつにもどれてなつやすみのしゅくだいができますが、ガイ・ピアースならべんきょうなんてかんたんだから、ぼくはタイムマシンはいらないけどガイ・ピアースになりたいとおもいました。おしまい。

 

 

 

 

 

 

 to : Review 2002

 

 to : Classics Index

  

 to : HOME