「メメント」

  Memento

 (2001/11/26)


 渋谷って街はどうしても好きになれないな 僕は新宿がずっと根城だっただけにこの街は好きになれない ガキが多いってこともイヤな原因の一つだね ガキっていやぁあの人前でブチュブチュ抱き合ってキスするのは何とかならねぇのか、みっともねぇだろうが でも俺が若くてこういう時代だったらそうやりたくなるのも分からないでもないかな 俺がこのくらいの歳の時には、女の子にはシャイに接しててずいぶんとソンしてたよな そうそう、若い頃は新宿が根城だったんだよずっと あそこも柄がいいとは言えないが、そもそも俺って柄のいい方じゃあないからね うちも知性や教養や品って点じゃあお寒い限り 親父の方の親戚はみんなソバ屋でオフクロの方は豆腐屋 そういや親父のルーツは元々名古屋でさ、名古屋の方には俺と同じ姓の奴がゴマンといるらしい 俺の姓ってこっちじゃあ珍しくて電話帳にも3つくらいしかないんだよ 昔、文化人類学者って奴と会った時、俺の家系は元々半島系だって言ってたっけな それじゃあ「GO」じゃん(笑) 「GO」の窪塚って俺知らなかったんだけど、若い奴の間じゃ人気あるんだって? 最近若い奴の流行とかまったく疎くなっちまったからなぁ そうそう、若い奴らがウジャウジャいる渋谷ってどうも気にいらねえんだよ そこのパルコ系の映画館って鼻持ちならなくてねぇ 何でシネクイントなんて映画館に行かなくちゃならねえんだよ 第一ここの映画って妙に混むからウンザリするんだよな 前はここヴィンセント・ギャロ主演映画専門館みたいだったよな 「バッファロー66」って何だか見る気しなくてさ、ずっと後になってやっと見た でも見たら面白かったから映画って分からないよな 「ギャラクシー・クエスト」もここか ここでなけりゃもっと広い客にウケた映画だったはずなのにさ、もったいない 何でここにまた来たかって言うとだ、そうだ「メメント」見に来たんだっけ。

 「メメント」ってチラシ面白そうだったもんな 記憶がなくなる男の話 昔のことは覚えてるんだよ、だけどある要因でその病気になってからは、後の記憶がどんどん消えていく だからメモとったり録音したり写真とったりして、それを見ながら記憶を反芻していかないといけない 僕もメモ魔だからね、手帳にマメにメモってた そういや手帳なくしちゃってえらく困ってるんだよ 年賀状シーズンっていうのに住所も分からなくなった 不便この上なし そういや手帳なくしたのも渋谷だ 今まで新宿とかでなくした時にはちゃんと連絡が来た でも渋谷じゃあ誰も何も言ってきやしない だって非常識で失礼なガキの街だもんな、だからイヤだよ渋谷って その渋谷で「メメント」 やっぱり混んでる、ウンザリだ。

 ガイ・ピアース主演って言ってもどんな奴だっけ? 「L.A. コンフィデンシャル」ではどんな顔してたか忘れた(笑) あと、見逃したけど「ラビナス」ってのに出てたよな 「ラビナス」ってネット上でKさんが俺にお勧めしてた映画だ そういやKさんってどこ行ったんだ、まったく消息がない 消息なくなるって言えば、なくした手帳でしか住所や電話番号分からない奴もいるよな そういう奴にとって俺だって消息なくなったも同然ってことになるわな まったく忌々しいよ渋谷って街は、ガキの街だし 「ガメラ3」でブッ壊されてスカッとしたぜ、若い奴らも皆殺し(笑) そういや「ガメラ3」に俺も出てるんだよ、その渋谷シーンで(笑) 殺されてたのって俺か(笑)。

 殺されてるんだよ男が、荒れ果てた廃墟みたいなところで それを撮影したポラロイド写真を見ている それがどんどん薄くなっているのは、時間を逆行させているってことだな つまりは記憶がなくなってくって事を象徴させているわけ、カッコイイじゃないの、このオープニングは やがてその男を銃で撃ち殺す男…ガイ・ピアース。

 そう、ガイ・ピアースだった こいつか思い出した 奴は汚いモーテルの部屋にいる 下に降りていくと管理人と妙なやりとり 写真を見せてこいつ来なかったかと聞いている それがジョー・パントリアーノでやけに慣れ慣れしくピアースと語り合う ポケットからいろいろなポラの写真見ると奴のもある 写真の裏には「こいつのウソを信用するな」と書いてある 何だか二人で町はずれの廃墟に出かけてった そこでなるほど、さっきの銃で撃つシーンとなるわけだ 奴が悪者だな。

 で、モーテルにいるわけ 見るとピアースの体にはいろいろ入れ墨が彫ってあるが、それって一つ一つがメッセージなんだよな なるほど、奴は女房を犯されて殺されたらしい その犯人が「ジョン・G」って男 そこに封筒もあって、いろいろコピーとった資料がある 運転免許証のコピーもある さっきのパントリアーノじゃないか そうか、奴はホントは「ジョン・G」だったんだ 車のナンバーもそれと一致する 犯人の車のナンバーが入れ墨になってるもんな。

 ファミレスに行くと女がいて、これがキャリー・アン・モスなんだよな 彼女は前に会ったくさいけど、当然ピアースはそれを忘れてる そこで例の封筒の資料をもらうわけなんだ 写真を見ると彼女は恋人をなくして、ピアース に同情して協力してくれてるとか 彼女から忘れものだとモーテルの部屋のキー渡されるが、それってことは前の晩一緒に泊まったってことかな?

 電話してるんだピアースが、モーテルの部屋から そこで昔話をしてる 彼がこうなる前、保険の調査員をしている頃の話 これは昔話だからハッキリしてる。

 ピアースのクライアントの男でスティーブン・トボロウスキー。彼は事故で記憶が10分ともたなくなった。でもそれが本当か確証が持てない。保険の調査員のピアースもそれを疑って調べたが、どうも本当にちょっと前のことは忘れてしまうようだ。女房はそれがどうしても信じられなくて、本当のところをピアースに聞きに行った。ピアースはそこでどうしても商売っけを出して、あれは病気じゃないって言ってしまった。つまりはダマしているのだと。それで女房は試してみることにした。女房は糖尿病で定期的に注射をしなければならず、それを亭主のトボロウスキーに頼んでいた。だから注射させてはすぐにまた注射を頼んでみた。ホントに健忘症でなければ、ヤバいと思ってやめるだろうと。だが、亭主のトボロウスキーは気づかず、連続して言われるままに注射を続けた。そして女房は死んだ。彼にはどうしてそうなったかが分からない。今では女房が死んだことも分からない。ピアースは自らを責める。俺があの時、女房に一言言ってやればよかったんだ。今俺がこうなってるのも、すべては因果応報…自業自得なのだ。

 カルム・キース・レニーって男が、なぜか部屋の戸棚に猿ぐつわされて閉じこめられてる ここはピアースの部屋じゃないな そうだピアースが奴をブチのめして、部屋の戸棚に押し込んだ なぜ? そうだ、こいつに追いかけられて、銃で撃たれながら命からがら逃げてたっけ そのキース・レニーが絡んでるのが、例のアン・モス このアン・モスはガイ・ピアースの話をキース・レニーにしたらブン殴られたんだ それを涙ながらにピアースに訴えてたもんな でも、アン・モスの家から出てきたところをパントリアーノにふんづかまって、「あの女を信用するな」って言われたんだよな 信用するな? どっちがだ?

 この記憶をなくしていく男の話ってすごい発想だよな それをギコギコと時制を前後させながら、少しづつ前に遡っていく構成が何とも見事 まるで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」や「ペパーミント・キャンディー」をも想起させる いや、全然違うな 何言ってんだ俺? サスペンス映画として観客も全編宙づりみたいな気分にさせて、前例のない面白さだ だけど、それだけじゃないよな 元々人間にとって記憶なんてあいまいなもの その哀しみってやつまで透けて見えてくるのがすごいよな 劇中で主人公も言ってるじゃないか 記憶なんていい加減だって でも、そのいい加減さの正体まで見せようってところから、この映画は単なるサスペンスを超えている 脚本・監督はクリストファー・ノーランってイギリス出身の男 聞いたことねえな。

 でも最近、俺って記憶力散漫で覚えてないかも 「リプリー」の監督だって思い出せず、ネルソン・マンデラなんて言ったし(笑) 俺も最近まったく健忘症だよな でも全部が全部忘れてるわけじゃないんだけどな 大事なことは覚えてるぜ バカにするなよ そういや昔、つき合ってた女にもボケ始まったとか言われてムカついたよな だから言ったんだ 何言ってやがる、そういうおまえは何だって言うんだ 俺の気持ちも知らず好き勝手に無神経なことやりやがってってさ そういう気になる事一つひとつは鮮明に覚えてるもんだ あの時は俺なりに我慢に我慢を重ねたつもりで怒り爆発しちゃったよ ところが向こうが言ってくるには、いつも俺のやりたいようにさせてあげてたのに…って、まるで裏切られたみたいな顔をするんだよ そうだったっけ? そうだったのか この俺があの女に、今度はおまえの好きにしていいって言ったんだって? そうだったっけ? そうだった そうなのか? 俺はいつも彼女に好き勝手にさせてもらってたのか? それで俺があの時はあいつの好きにしていいって言ってたのか? 忘れたのか? テメエの都合のいいことだけ覚えてて、そういう事は忘れてるのか? 俺は健忘症なのか? それともテメエの都合で忘れたり覚えたりしてるのか? アメリカ人は真珠湾を忘れない アメリカ人は広島・長崎を忘れてる 日本人は広島・長崎は忘れやしないが、真珠湾なんてなかったことにしてる 朝鮮や中国でやったこともなかったことにしてる アメリカ人はベトナムを忘れたがってる ビンラディン一派はニューヨークで人が死んだことなどどこ吹く風で、アメリカ軍が何人殺したと言いたてる ブッシュはアメリカがとり続けて来たパレスチナ政策を棚に上げて、正義だ人道だとわめき散らす 人は何でもかんでも自分の都合で覚えてたり忘れたりしてる あの頃、俺は彼女に対して甘えきったあげく好き勝手に振る舞ってばかりいた ところが彼女がやっと自分の思い通りにしようとしたら怒り狂って文句を言った そのくせ自分が相手にとって優しい男でいるつもりになっていた。

 それって健忘症と言えるのか? それが人間ってものなのか? 

 俺は、それが人間ってもんだ…で片づけていいのだろうか?

 

 

 

 

 to : Review 2001

 

 to : Classics Index

  

 to : HOME