「ジュラシック・パーク III」

  Jurassic Park III ショート・バージョン

  絵と文:ふましんいち

 (2001/09/03)


 

くわしく読みたい人はこちら

 

 

夏やすみ・F坊の絵日記帳

×月×日(×曜日)

 きょうはまえからたのしみにしていた「ジュラシック・パーク3」をみにいきました。なんでたのしみにしていたかというと、きょうりゅうがでているからです。きょうりゅうはすきです。きょうりゅうがでてきて、かざんがふんかして、ようがんがながれてくるえいがはさいこうです。でも「ジュラパ3」(きんじょのえいがつうのおにいさんはこういってました)にかざんはでてきませんでした。

 このまえの「ロスト・ワールド」もきょうりゅうがでてくるからみにいきましたが、さいごはかいじゅうえいがみたいでへんでした。こんどの「3」はずっとおもしろくてすきです。じかんがみじかくてトイレにいきたくならないのもいいです。さいごにアメリカぐんがでてきたのにはびっくりしました。アメリカぐんはせかいのへいわのためにがんばっているんだなぁとおもいました。がいこくじんずきのおねえさんたちにモテるわけだとおもいました。

 でも、よくりゅうがとんでいくのをそのままみのがしていいのかな? よそにとんでいって、そこでたまごをうんだらどうするのか、みんながしんぱいしていないみたいなのがふしぎです。サム・ニールのはかせも、じぶんがたすかったら、あとはもうどうでもいいみたいです。

 でも、おもったよりたのしかったので、「ジュラパ3」はとくしたきになるえいがでした。いえにかえってからまえの2ほんをビデオでみてたら、きょうりゅうにあきてねむってしまいました。ぼくのえにっきちょうは、これでおわりです。おしまい。

 

 

 

 

 

 to : Review 2001

 

 to : Classics Index

  

 to : HOME