「点子ちゃんとアントン」

  Punktchen und Anton ショート・バージョン

  絵と文:ふましんいち

 (2001/08/27)


 

くわしく読みたい人はこちら

 

 

夏やすみ・F坊の絵日記帳

×月×日(×曜日)

 なつやすみになるとひにちがたつのがはやいです。あっというまに8がつになったので、あわててしゅくだいをはじめました。どくしょかんそうぶんをかかなければならないのですが、そのためにほんをよむのはめんどうです。そうだ、ほんのおはなしからつくったえいがをみて、よんだことにしよう。そうおもったらきがらくになりました。それでしゅくだいもあとまわしになりました。「パール・ハーバー」みにいったときに、えいがかんで「ハリー・ポッターとけんじゃのいし」のよこくへんやっていたので、これにしようとおもっていました。ところが12がつにこうかいするというのでびっくりしました。あわててほかにないかさがしたら、「てんこちゃんとアントン」をやっていたのでちょうどいいのでみました。

 てんこちゃんのママはボランティアといって、かわいそうなこどもをたすけるしごとをしています。でもじぶんのこどもはほったらかしです。ほんとうにかわいそうなアントンやアントンのママにひどいことをいいます。ぼくのきんじょのおにいさんは、いちどぼきんにきふしたら、しょっちゅうおかねをくれおかねをくれといってくるのでこまってました。おにいさんはそんなにおかねがありません。おにいさんは、ぼくにはだれがおかねをくれるんだいとないていました。おにいさんはまえにぼきんとかボランティアみたいなことを「じぜん」というのだとおしえてくれました。でもいまは、こういうことを「ぎぜん」というのだといいなおしていました。おとなはオヤジギャグというじょうだんがだいすきなんだなぁ。

 あと、アントンのママはてんこちゃんのおかねでたべたりのんだりしてたけど、おとながこどもにおごられてへいきなのでおどろいたです。それに、てんこちゃんのママはかんたんにしごとやめられるのかな。でも、それいがいはぼくはものすごくたのしかったです。ことしみたえいがでさいこうにおもしろかったです。ないしょですが、さいごはちょっとなけてしまいました。とうきょうではじょうえいがおわってしまったので、もういちどみられないのがざんねんです。おしまい。 

 

 

 

 

 

 to : Review 2001

 

 to : Classics Index

  

 to : HOME