緊急特集

The World Is Not Enough

for KOREAN FILMS

「シュリ」と韓国ニュー“ニューウェーブ”映画

"SHIRI" and Korean New 'New Wave' Films

(2000/02/07)


昨年の東京国際映画祭の特別招待上映でセンセーショナルな日本登場を飾った韓国映画「シュリ」。1月22日の公開は予想以上の大成功を収め、わが国の映画ファンの間にも少なからぬ衝撃を与えました。しかし、韓国映画の大ブレークはこの1作をもって突然起こったわけではありません。それは近年の新世代作家たちの隆盛、さらにはおよそ20年前に起こった第1次ニューウェーブあたりまでたどらねばならないでしょう。「DAY FOR NIGHT」では韓国映画のコア・ファンの方からビギナーまで、バラエティに富んだ執筆陣のみなさんのご協力をいただき、この作品と近年の韓国映画をフォローする緊急特集を組ませていただきました。

*なお、本特集における「シュリ」の英語表記については、日本の配給会社が表記している「Shuri」ではなく、現在、韓国内で使用されている「Shiri」の表記を使用しました。ご了承ください。

 

CONTENTS

 

韓国映画ビギナーのコメント

From Korean Films Beginners

Hide

みー Miyee

菜穂美 Naomi

 

韓国映画通からの意見

From Korean Films Fans

まるは子 Maruhako

藤田知子(さよ) Tomoko Fujita (Sayo)

 

Fの知ったかぶり韓国映画論

F Talks about Korean Films

夫馬 信一 Shinichi Fuma

 

国際政治の闇の中で

In the Darkness of the International Politics

あむじん Amujin

さとみ Satomi

夫馬 信一 Shinichi Fuma

 

Fは「シュリ」をこう見た

F's Review of "SHIRI"

夫馬 信一 Shinichi Fuma

 

 

Special Thanks to :

西村嘉夫(ソチョン) Yoshio Nishimura (Seochon)

今回の特集実現に当たっては、「韓国映画とハングル」の主宰者でいらっしゃる西村さんより多大なご協力をいただきました。西村さんのバックアップなしには、この特集が日の目を見ることはなかったでしょう。本当にどうもありがとうございました。

 

 韓国映画とハングル Korean Movie and Hangul 

 http://www.seochon.net/

 

 

(C)2000 Hide, Miyee, Naomi, Maruhako,

Tomoko Fujita(Sayo), Amujin, Satomi,

and FUMA'S WORKSHOP

 


 

 

 to : Review 2000

 

 to : Classics Index

  

 to : HOME